History & Museum

ジノリの時代

リチャード ジノリの歴史 1735年から現代まで
La Storia della RICHARD GINORI

ジノリ窯は、1735年にカルロ・ジノリ侯爵によってイタリアのフィレンツェ郊外に創設され、以降5世代にわたって窯はジノリファミリーに引き継がれます。

第一期(1735-1757)
カルロ・ジノリ侯爵

第一期1735年、カルロ・ジノリ侯爵がトスカーナの自領ドッチァに創設した磁器窯からリチャード ジノリの歴史は始まります。
1700年ごろまで、ヨーロッパでは磁器を作ることが出来ず、中国や日本の磁器の精巧な美しさに人々は憧れを抱いていました。
カルロ・ジノリ侯爵はトスカーナ大公園の要職にあり、時代の要求を敏感に察知する進歩的な人物で、鉱物学にも造詣深かったことから自ら原料土を捜し、ペースト練りや発色の研究をして、イタリア初のドッチァ窯を誕生させました。

開窯当初は1点制作の記念碑的作品に力が注がれていました。
熟練した職人の数が少ない間は、型紙を使った一色のみの装飾でしたが、間もなく多色による花房や花束、バラ模様などの見事な作品が生まれました。
東洋の磁器への憧れが強く感じられる「レッドコック(赤い雄鶏)」や、「グランデューカ」などがその代表作です。
そのほか、フィレンツェの田園風景にインスピレーションを得た花と果物の模様、神話をテーマにした浮き彫りなどは、この第一期に始まりました。

第二期(1758-1791)
ロレンツォ・ジノリ侯爵

第二期52歳の若さで他界したカルロの後を継いだのは、彼の長男であるロレンツォです。
ロレンツォは新工場を建設し、土の改善によってさらに肌の白い磁器が出来るようになりました。
各国の君主、名家のための食卓セットや置物、特に小物類の種類が豊富になりました。
特筆すべきは、彼の時代に現在まで受け継がれる「イタリアンフルーツ」や、「アンティックローズ」のパターンが誕生していることです。

第三期(1792-1837)
カルロ・レオポルド・ジノリ侯爵

カルロ・レオポルドの時代になるとフィレンツェに最初の直営店(1801年)ができ、一般の人々もジノリ磁器を手にすることが出来る時代になりました。
カルロ・レオポルドはルネサンス絵画に深い関心を持ち、当時流行していたネオクラシック様式の製品にもそれが反映しています。直線的なフォルムが特徴の「インペロシェイプ」が誕生します。

第四期(1838-1878)
ロレンツォ2世・ジノリ侯爵

第四期第四期、ロレンツォ2世の時代にドッチァ窯は1300人の職工と11基の磁器窯を持つまでに成長しました。
この産業発展の時期、ジノリのドッチァ窯は世界各地で行われた博覧会や展示会で、他のヨーロッパの名窯と優位を競い、一段と高い評価を得ました。
1851年に開催された世界初の万博ロンドン万国博覧会には「メディチのベース」と称される大変美しく立派な作品が出品されています。
この時代には、サヴォイア家がイタリア半島統一を果たし、1861年に「イタリア王国」が誕生します。
さらに、1873年には日本から、岩倉具視ひきいる欧米視察団がイタリア フィレンツェに到着。
当時工業化の進んでいるジノリ工場を訪問しています。

第五期(1879-1896)
カルロ・ベネデット・ジノリ侯爵

この時期、ドッチァ工場は、絶え間なく改良を進める時期を迎えます。
燃料に電気を使用する窯を16基に増やし、結果として生産高が非常に増大しました。
製品の意匠についても、中国や日本の陶磁器の様式が到来します。

1880年ごろには、イタリア2代目の国王ウンベルト1世からの注文で「森の果物」をモチーフにしたシリーズが誕生します。日本の蒔絵を思わせる金彩とプラチナ彩を多用した壮麗な器の数々です。
また、カルロ・ベネデットの時代、ミラノの企業家アウグスト・リチャードに工場を譲渡することになります。


リチャードジノリの時代

アールヌーボーの時代
リチャードジノリ陶磁器会社

アールヌーボーの時代アウグスト・リチャード氏によるリチャード陶磁器会社(ミラノ)との合併により1896年にリチャード ジノリ陶磁器会社が設立されます。

ヨーロッパで一世風靡した芸術運動「アールヌーボー(新しい芸術)」はイタリアでは「リバティ・スタイル」と呼ばれています。
その意味は自由、開放です。
流れるような曲線や、自然の植物などがモチーフとなった女性的なラインが大きな特徴です。


アールデコの時代
ジオ・ポンティ

アールデコの時代伝統的なテーブルウェアに加え、時代の変化に伴い新しい需要が生まれ、磁器製品の分野は広がりました。
20世紀前半のリチャード ジノリを代表するのは、アートディレクター、ジオ・ポンティと陶工たちの共同作業によって作られた作品群です。まったく他に類を見ないシンプルで洗練された美しさは、アールデコ全盛期における博覧会などの金賞に輝き、リチャード ジノリのイメージを飛躍的に高めました。

ジオ・ポンティ

イタリア建築界の父と呼ばれる芸術家。
1920-1930年代にかけて、リチャード ジノリ社のアートディレクターとして活躍しました。彼は磁器素材を使って、《モダンアート》の世界を創造し、またイタリア古典(ギリシャ、ローマ)のモチーフからインスピレーションを得、独自のネオ・クラッシックの作品を生み出しました。


近代・現代
新シリーズの発表、デザイナーの起用

近代現代

1980年には、カジュアルでモダンなシリーズ「エコー」を発表しました。
その後、数々の新たなシェイプ、パターンが誕生します。
ファッションデザイナーや建築家を起用し、時代の先端をゆく様々な製品を世界中に発信しています。

時代と共に立ち止まることなく、進化を続けるリチャード ジノリ。
《伝統と革新》をテーマに常にイタリアのテーブルウェアブランドとして世界をリードし続けます。

 ドッチァ美術館

フィレンツェ芸術のパトロンであったメディチ家が、美術品のコレクションを保管するためウフィッツィ美術館を創設したように、1744年カルロ・ジノリ侯爵は、収集した美術品のための「ガレリア(ギャラリー)」をドッチァに設立しました。

ドッチァ美術館 【閉鎖中】
リチャード ジノリ ドッチァ美術館

ドッチァ美術館

フィレンツェ芸術のパトロンであったメディチ家が、美術品のコレクションを保管するためウフィッツィ美術館を創設したように、1744年カルロ・ジノリ侯爵は、収集した美術品のための「ガレリア(ギャラリー)」をドッチァに設立しました。

当時は個人的な財産であることから非公開とされ、それから100年を経た後、この歴史的に貴重なコレクションは一般の人々にも公開されるようになります。1965年に現在のドッチァ工場と同じ敷地内に新たな美術館(現在のリチャード ジノリ ドッチァ美術館)が建造され5,000ピースを越える貴重な作品が展示されます。

広々とした2階建ての美術館は、2階部分にジノリ作品が年代順に展示されています。また、フロアの両脇にには二つの展示室があり、ひとつは鋳型の展示室(Galleria del Modelli)で、メディチ家統治時代の型や、フィレンツェ・バロック時代の蝋(wax)の型があります。

一方の展示室は、イタリア建築界の巨匠であり、ジノリ社のアートディレクターを勤めた偉大なる人物ジオ・ポンティ(Gio Ponti 1891-1979)の作品の数々が展示されています。

1階部分は、現代のリチャード ジノリが発信する最新のシリーズを展示したショールームとなっています。また、展示作品の中には、日本とイタリアの外交上の歴史を知る上で貴重な「岩倉具視のサインプレート」も見ることが出来ます。


リチャード ジノリ ドッチァ美術館インフォメーション【閉鎖中】
所在地:viale pratese 31 50019 Sesto Fiorentino(Italy)
TEL:+39-055-4207767
FAX:+39-055-4205655

開館時間:10時-13時、14時-18時
開館日:水曜日〜土曜日

最寄駅:sesto fiorentino(徒歩10分)フィレンツェ市内からタクシーで20-30分程度

入場料:6ユーロ[団体、18歳以下、65歳以上は4ユーロ]

URL:http://www.museodidoccia.it/

・年末、年始、夏期、復活祭のシーズンは休館となることがあります。

・上記以外の時期でも、展示会等の際は閉館となることがあります。

・ご来館前に、観覧可能かどうかの事前確認をおすすめいたします。